ホーム / ブログ / チョコレートの種類

チョコレートの種類

こんにちは、最近はチョコレートだけでなくカカオニブも欠かせないチエミです。おすすめ度120%のカカオニブの魅力については、また近々書きたいと思います。

今日は知っているようで知らないチョコレートについてのお話です!

スーパーやコンビニエンスストア、売店やお土産屋さん、いたるところでチョコレートを見かけますよね。

chocolate-lavels1

ひとことに「チョコレート」と言ってもその中身は様々。チョコレートのパッケージをよく見ると、「チョコレート」、「チョコレート菓子」、「準チョコレート」または「準チョコレート菓子」と書いてあることがあります。

 

ざっくり説明すると、「チョコレート」と名乗れるのはチョコレート生地のみのもの、またはチョコレート生地が60%以上のチョコレート加工品のみ。チョコレート加工品とはチョコレートにナッツやフルーツなどが入っていたり、ビスケットやウェハースにチョコレートがコーティーングしてあるものなど。

チョコレート生地とは、基本的にはカカオ分(カカオニブ、カカオマス、ココアバター、ココアパウダーの水分を除いた合計量)が35%以上と定義されています。ただし、ミルクチョコレートの場合にはカカオ分が21%以上あれば良いそうです。

「チョコレート菓子」とはチョコレート加工品で、チョコレート生地が60%未満のもの。

「準チョコレート」は準チョコレート生地の基準に当てはまるチョコレート生地のみのもの、または準チョコレート生地が60%以上のチョコレート加工品。

準チョコレート生地とは、基本的にはカカオ分が15%以上。ミルクチョコレートの場合はカカオ分が7%以上とされています。

チョコレート加工品で準チョコレート生地が60%未満のものは「準チョコレート菓子」に分類されます。

chocolatekinds

カカオ分が多い方がカカオの風味がしっかりと感じられ、味も良いのですが、カカオ分を少なくすることでコストを抑えることができるので、比較的安価にチョコレートを楽しめるのは嬉しいですよね。

何を選ぶかは買う人の自由ですが、ハイカカオのチョコレートは、それだけの対価があってのお値段なので、たっぷりカカオを味わいたい時にはおススメですよ!

ノネットのハイカカオチョコレートは、シンプルにカカオ分とパームシュガーのみでできています。

chocolate-labels2

乳化剤不使用、香料不使用で、甘味はパームシュガーを使用しています。いわゆる上白糖のような砂糖不使用なので、ほんのりやさしい甘さが感じられますよ。

カカオ分がたっぷり入っているので、ひとかけらをゆっくり口の中で溶かして食べるとカカオのフルーティーさや、ビターな深みを満喫していただけると思います。

ハイカカオチョコレートはこちらのオンラインストアから購入も可能です。カカオの含有量は62%~92%までの4種類。プレーンタイプに加え、ハイカカオの抹茶、シナモンフレーバーもありますよ!抹茶は静岡県西部産のオーガニック抹茶、シナモンはベトナム産のオーガニックシナモンを使用。

ご自分用に、または贈り物用に、ラッピングや熨斗もできますので、お問合せフォームインスタグラム、またはフェイスブックよりぜひご相談下さい!

参考記事:全国チョコレート業公正取引協議会「チョコレート類の表示に関する公正競争規約